本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

人権の尊重

基本的な考え方

当社では、企業行動基準およびコンプライアンス・ガイドブックにおいて、基本的人権を尊重し、差別的な取り扱いを行わない、セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントなどの人格を無視する行為をしないことなどを定め、人権尊重に関する指針としています。これは、日本国憲法、世界人権宣言、国際人権規約、労働基準法、雇用の分野における男女の均等な機会および待遇の確保等に関する法律(男女雇用機会均等法)に基づき定めたものです。

企業行動基準

人権の尊重
私たちは、人権が、人種、民族、性別等を超える万人に共通した、単に人間であるということに基づく普遍的な権利であり、かつ、不可侵の権利であることを深く自覚し、他者との違いを積極的に受け入れ、認め合う行動を取るものとし、人権侵害に繋がる恐れのある、人種、肌の色、性別、性的志向、性自認、言語、宗教、政治的見解、国籍、社会的地位、出身の違いなどを尊重し、これらの違いによる一切の差別を行いません。

機会の均等と差別の禁止
私たちは、雇用および就業や昇進に関して均等な機会を提供するとともに、恣意的または差別的な処分を行うことを禁止し、成果に応じた適切な評価や機会提供を行います

コンプライアンス・ガイドブック

差別の禁止
人種、国籍、 性別、年齢 、信条、信教、心身の障がい等 の個人属性 を理由とする 合理性 のない 差別的な取扱いや 嫌がらせ 行為を禁止します。 個人の能力・実績・資格等を適切に評価し、能力を発揮できる環境や人事制度 を整え 、 真の意味で平等な職場環境を目指します。


ハラスメントの禁止
ブロードリーフグループは 、 ハラスメントのない職場 を目指します。職場等での 他の従業員に 対する 性的な要求や性的な言動、威圧的また は攻撃的な言動 、妊娠・出産・育児や介護を抱える人への精神的・肉体的な嫌がらせ行為など、人の尊厳を傷つけ、不快な職場環境を生み出すあ らゆるハラスメント行為 を 排除していきます。


国連グローバル・コンパクトへの賛同

当社は、2021年から国連グローバル・コンパクト(以下、UNGC)に署名し、会員として登録されました。UNGCの「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野にわたる10原則を実践することで、社員一人ひとりが引き続き社会的責任を果たし、持続可能な社会の発展に向けた取り組みを推進しています。