本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

ディスクロージャーポリシー

当社は、株主・投資家の皆様に、正確かつ公平な情報提供をタイムリーに行い、当社をより深くご理解いただけるよう努めています。会社法、金融商品取引法その他諸法令ならびに東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報を開示するほか、適時開示規則に該当しない場合でも、投資判断する上で有益と認める情報を積極的に開示します。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の「TDnet(適時開示情報伝達システム)」により開示した後、速やかに当社ホームページに掲載します。また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社ホームページへの掲載等により広く開示します。

適時開示プロセス

情報取扱責任者または情報開示管理者は、開示内容を代表取締役社長に報告のうえ取締役会に付議し、適時開示の実施について決議します。緊急を要し前述の手続きを行う時間的余裕がないと判断される場合には、情報取扱責任者または情報開示管理者が代表取締役社長に報告のうえ、取締役会による決議を経ずに適時開示実施の決定を行うことができます。

業績予想および将来見通しに関して

業績予想に加えて戦略や計画等の将来見通しに関する情報開示をおこなう場合があります。これらの情報は、当社が予想等の作成時点で入手している情報および合理的であると判断される一定の前提に基づく判断等を根拠としており、実際の業績等は様々なリスクや不確定要因により大きく異なる可能性があります。

情報管理

投資家・株主との対話の際、インサイダー情報およびその他重要情報の取扱いについて十分に注意するとともに、金融商品取引法に定められたフェア・ディスクロージャー・ルールを順守します。また、未公表の業績見通しに関する対話は、対話の実施時期や相手属性によらず差し控えます。

IR基本方針

     
  • 株主・投資家との対話(面談)は、代表取締役社長による統括のもと、IR担当部門であるインベスターリレーションズ室が行います。なお、対話の目的および面談者の属性を考慮のうえ、必要に応じて代表取締役社長または取締役副社長が対応いたします。
  • IR担当部門は、関連部門との定期的な情報共有を実施することで、株主・投資家に対する十分な情報の提供と円滑な対話の実施に努めます。また、建設的な対話を促進するため、株主構造の把握に努めます。
  • 個別面談以外の対話の手段として、代表取締役社長または取締役副社長による機関投資家向け決算説明会や個人投資家向け会社説明会を実施しております。また、当社ウェブサイトにIRに関する問い合わせページを設けております。
  • 対話において把握された株主・投資家の意見・懸念については、取締役会や経営会議等において随時、代表取締役社長または取締役副社長から経営陣幹部にフィードバックいたします。 対話に際しては、ディスクロージャーポリシーおよびインサイダー取引防止規程に則り、インサイダー情報に該当する内部情報の管理を徹底いたします。

その他

当ホームページの利用にあたりましては、免責事項サイトのご利用条件をあわせてご確認ください。