本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

働き方

多様で柔軟な働き方の推進

当社は、新型コロナウイルス感染症対策を契機として、現在、「在宅勤務」と「出社勤務」の併用(ハイブリット型のリモートワーク)や「時差出勤」が可能な勤務体制に移行しています。また、社員一人ひとりが異なるライフステージや家庭状況にあることを踏まえ、多様で柔軟な働き方を選択しながら安心して働き続け、能力を最大限発揮できる職場を目指して、各種制度・施策の拡充に努めています。

また、保育園や幼稚園の登退園、学校の時差通学、休校措置などへの対応や、お子様の在宅時のお世話および在宅介護対応などを目的とした業務時間内の私用外出および私的に利用した時間を、暫定的に実労働時間として取り扱う(1時間程度を目安)など、コロナ禍において各家庭の事情に寄り添った勤務体制を構築しています。

テレワーク先駆者百選認定

当社は、2021年11月、テレワークを活用・推進する企業として評価され、「テレワーク先駆者百選」に認定されています。

女性の活躍促進

女性の採用拡大、管理職比率の向上など、女性の活躍促進に積極的に取り組んでいます。 働きやすい職場環境の一環として、長時間労働の削減や育児短時間勤務適用期間の拡大(小学校入学まで)などを実現しています。今後も限定正社員制度の導入など、働き方改革を促進していきます。

子育て・介護支援への取り組み

社員が安心して意欲的に職務に取り組むためには、社員全体の意識改革を行い、仕事と育児・介護の両立を尊重する職場風土を形成することがなにより重要です。ブロードリーフは、女性が継続的に活躍していくために欠かせない両立支援制度の確立を目指した制度改革に取り組んでいます。

産前産後休暇 法定の産前42日産後56日の休暇が与えられます。
産休取得・復帰に向けた支援 本人・所属長・人事における三者面談を実施。
<実施時期>
①上司への妊娠報告が終了した時点
②産休取得2ヵ月前
③育休終了1~2ヵ月前
<内容>
①勤務時間の希望
②周囲に配慮して欲しいこと
③上司に相談したいこと 等
育児休業 育児のために休業することを希望する社員は、子が1歳に達するまでを限度とした期間、育児休業をすることができます。
(特別な事情がある場合は子が2歳に達するまで)
育児短時間勤務 小学校就学の始期に達するまでの子を養育する社員は、始業時刻の繰り下げおよび終業時刻の繰上げまたはいずれかにより最短6時間に所定労働時間を変更することができます。
子の看護のための休暇 小学校就学の始期に達するまでの子を養育する社員は、子の世話をするために1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は1年間につき10日を限度として子の看護休暇を取得することができます。
介護休業 要介護状態にある家族を介護する社員は通算93日間の範囲で介護休業をすることができます。
介護休暇 要介護状態にある家族の介護その他の世話をする社員は、1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は1年間につき10日を限度として介護休業を取得することができます。

障がい者雇用と活躍促進

当社は就労機会の拡大・多様な雇用創出を実現と多様な人材が活躍する会社を目指す取り組みの一環として、屋内農園型障がい者雇用支援サービス IBUKIを導入しています。埼玉に開設した農園にてハーブ等の栽培・育成に従事しており、ダイバーシティの一環として生産したハーブを社内で配布し、その出来栄えの感想をフィードバックするなど相互コミュニケーションの場を設けています。また、ノベルティへの活用など様々な企画を検討しています。

キャリア形成支援

資格奨励制度
個々人が積極的にスキルアップするために、資格を取得することを奨励する制度です。資格の取得に対して、資格取得祝金を支給します。

社内公募制度
自身のキャリアプランにあった成長機会の提供を目的に社内から人材を募る社内公募制度を導入しています。 社員の希望に応じた配置を行うことで、仕事に対する意欲を促進し、自らのキャリアを自分が決めることで、キャリア形成の姿勢を育てることができます