本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

ビジョン

ブロードリーフは創業以来、感謝と喜びの心とブロードリーフという社名に込めた想いを大切にお客様の事業成長に貢献する商品やサービス、豊かな社会創造に貢献する付加価値創出に取り組んできました。
近年の技術革新による、社会やビジネスの変化にいち早く対応し、時代のニーズに即した新しい価値を創出・提供していくため、進むべき方向性を明確にし、変革に向けた動きを加速させることが必要であると考え、実現したい姿として、ビジョンを『考える つながる 広がる Field for Our Future』と設定しました。

<Broadleaf 10年ビジョン>

モノ・人・技術や心。さまざまなつながりが、多様な価値を創出し、豊かな社会の実現に貢献します。
私たちの未来のために、今何を考え、何をつなげ、何を広げていくのか。革新を生み出すパートナーとして、お客様、そして全てのステークホルダーと共創を進めていきます。

対処すべき課題

100年に一度と言われる変革期に直面している自動車産業では、AIを活用した自動運転等の新しい技術や、電気自動車に代表される新しい形の移動体(モビリティ)が今後大きく普及すると予想されております。また、近年のカーオーナーのニーズや個人のライフスタイルの多様化に伴い、カーシェアやライドシェアといった、所有から利用へと自動車との関わり方が変化しています。また、これらの環境変化に加え、新型コロナウイルス感染症を契機としたテレワークや業務のオンライン化等の新しい働き方への移行が当社グループのお客様の間で急速に進んでいます。
当社グループは、これらの動きに迅速かつ柔軟に対応し、常に価値あるサービスを提供し、お客様の業務のデジタル化への支援を強化していくために、「Broadleaf Cloud Platform」の拡大を推進してまいります。さらに当社グループは、国内自動車アフターマーケット向けシステム販売からの事業ドメイン拡大を掲げ、先端技術を取り入れた革新的な事業を創出する企業への進化を目指してまいります。具体的には、次の5点の重点戦略を通じて、中長期的な企業価値の向上を図ってまいります。
そのために、3ヵ年計画の重点戦略を踏まえ、次の分野の取組みを加速してまいります。

 (1)「Broadleaf Cloud Platform」上で稼働するサービスの拡充
 (2) 自動車部品流通・eコマースビジネスの展開
 (3) データを活用したサービスの創出
 (4) 作業分析・業務最適化ソフトウェアの普及推進
 (5) 海外進出の本格化

中期経営方針

当社グループは、コアビジネスである業務ソフトウェア事業での収益向上策と、新規領域における事業創出策を、引き続き並行して実施することで、高成長企業への進化を目指してまいります。

□2021-23年の取組テーマ:『2つのDX』

  1. お客さまのデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進 
  2. データエクスチェンジャー(DX)として、当社サービス基盤を高付加価値化



□重点戦略 □社会効果
施策1 クラウド版新モデルの市場投入 EV/PHV対応により環境配慮車両の普及を後押し
施策2 DXソリューションの強化 新しいワークスタイルの浸透を促し       
労働生産性向上を支援
施策3 EDI拡張と
受発注プラットフォームのオープン化
リサイクル品の円滑な取引の仕組みを構築し
天然資源の効率的な利用を支援
施策4 MaaSプラッフォームの展開 生活利便性の向上や移動格差の解消のほか
環境負荷低減を後押し

詳細につきましては、中期経営方針(2021-2023)をご覧ください。 
※2020年12月期 決算説明資料より抜粋(2021年2月12日公表)

関連情報