本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

ビジョン

ブロードリーフは創業以来、感謝と喜びの心とブロードリーフという社名に込めた想いを大切にお客様の事業成長に貢献する商品やサービス、豊かな社会創造に貢献する付加価値創出に取り組んできました。
近年の技術革新による、社会やビジネスの変化にいち早く対応し、時代のニーズに即した新しい価値を創出・提供していくため、進むべき方向性を明確にし、変革に向けた動きを加速させることが必要であると考え、実現したい姿として、ビジョンを『考える つながる 広がる Field for Our Future』と設定しました。

<Broadleaf 10年ビジョン>

モノ・人・技術や心。さまざまなつながりが、多様な価値を創出し、豊かな社会の実現に貢献します。
私たちの未来のために、今何を考え、何をつなげ、何を広げていくのか。革新を生み出すパートナーとして、お客様、そして全てのステークホルダーと共創を進めていきます。

対処すべき課題

100年に一度と言われる変革期に直面している自動車産業では、AIを活用した自動運転等の新しい技術や、電気自動車に代表される新しい形の移動体(モビリティ)が今後大きく普及すると予想されております。また、近年のカーオーナーのニーズや個人のライフスタイルの多様化に伴い、カーシェアやライドシェアといった、所有から利用へと自動車との関わり方が変化しています。また、これらの環境変化に加え、新型コロナウイルス感染症を契機としたテレワークや業務のオンライン化等の新しい働き方への移行が当社グループのお客様の間で急速に進んでいます。
当社グループは、これらの動きに迅速かつ柔軟に対応し、常に価値あるサービスを提供し、お客様の業務のデジタル化への支援を強化していくために、「Broadleaf Cloud Platform」の拡大を推進してまいります。さらに当社グループは、国内自動車アフターマーケット向けシステム販売からの事業ドメイン拡大を掲げ、先端技術を取り入れた革新的な事業を創出する企業への進化を目指してまいります。具体的には、次の5点の重点戦略を通じて、中長期的な企業価値の向上を図ってまいります。
そのために、3ヵ年計画の重点戦略を踏まえ、次の分野の取組みを加速してまいります。

 (1)「Broadleaf Cloud Platform」上で稼働するサービスの拡充
 (2) 自動車部品流通・eコマースビジネスの展開
 (3) データを活用したサービスの創出
 (4) 作業分析・業務最適化ソフトウェアの普及推進
 (5) 海外進出の本格化

 

中期経営方針

 

中期経営計画(2022-2028)では、経営方針として「オートモビリティ産業のDX推進を通じて、オンリーワンのプラットフォームカンパニーに進化」を掲げ、既存のお客様業種にとどまらず、オートモビリティ産業を起点に新たな領域にチャレンジすることで、より多くの産業の事業者とともに豊かな社会を築いてまいります。これらの取り組みを通して、連結業績については、最終年となる2028年12月期において営業利益率40%、親会社の所有者に帰属する当期利益80億円の達成を目指します。  

基本戦略

 

ブロードリーフは、クラウド基盤『Broadleaf Cloud Platform(以下、BCP)』を起点とし、「クラウドの浸透」と「サービスの拡張」を2つの基本戦略と位置づけ、重点施策を実行してまいります。  

1)クラウドの浸透
  クラウドソフトウェア『.cシリーズ』を核として、お客様のDX推進を支援   
  1. 『.cシリーズ』の商品性を生かした対象マーケット拡大により、ライセンス提供数を増加させるとともに、DXソリューションの提案により、企業あたり売上を増加させる    
  2. 『.cシリーズ』とAPI 連携する(標準インターフェースを持つ)他社製システム(会計、人事など)を充実させることで、利用継続年数を長期化する    
  3. 非対面セールスの強化を実施し、新規ユーザーのさらなる獲得増とともに、旧ソフトウェア契約の満了に伴う更新需要を確実に取り込む
2)サービスの拡張
  クラウド基盤『BCP』を起点として、プラットフォーム型サービスを多様化    
  1. 『BCP 受発注プラットフォーム』の利用率や利用頻度を高めるよう、機能拡張や操作性の向上を実施し、自動車部品市場における売買取引の標準プラットフォームとなる    
  2. 『BCP オートファイナンスプラットフォーム』にオートファイナンス関連会社を集約し、『.c シリーズ』のユーザーに多様な金融サービスを提供できるようにする    
  3. 『BCP MaaSプラットフォーム』の物流領域への展開を推進する    
  4. 『BCP』の開発キット(SDK)を使用する3rdパーティーベンダーを充実させることで、3rdパーティーの開発リソースを利用できるようにし、カーメーカー系ディーラーなどにも『.cシリーズ』を提供できるようにする
  5.    

業績計画

(億円)

12月末に終了する事業年度 2022年 2023年 2024年 2025年 2026年 2027年 2028年
売上収益 123 147 185 220 255 290 325
営業利益(-は損失) -48 -27 10 33 67 100 130
営業利益率 5% 15% 25% 34% 40%
親会社の所有者に帰属する当期利益(-は損失) -50 -29 6 20 42 63 80
12月末に終了する事業年度 2022年末 2023年末 2024年末
親会社の所有者に帰属する持分 200 175 180
親会社所有者帰属持分比率 60% 50% 52%

中期経営計画(2022-2028)策定のお知らせ

中期経営計画(2022-2028)説明会資料 [抜粋]

中期経営計画(2022-2028)補足説明

関連情報