本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

旅行業、貸切バス事業の専用システム

バス運行管理システムSP

バス予約受付から、運行指示書・日報へとデータが連動

貸切バスイメージ

バス運行管理システムSPは、「観光施設データ」「時刻表データ」「道路地点データ」「高速道路・有料道路料金データ」「市区町村地点データ」を搭載しています。 これらデータを使って全国どこからでも、出発地から目的地までの移動距離・時間・経路と、新運賃・料金制度に対応した運賃を自動計算します。

さらに、バスの予約受付から運行指示書や日報管理・配車予定表・運行実績表まで管理します。

デジタコ連動オプション 

デジタコ(デジタル運行記録計)のソフトからデータをバス運行管理システムSPに取り込めるようになりました。

  • 運行日報データの入力手間が省け、業務効率アップ!
  • 運行日報データの入力ミスがなくなる!
  • 正確なデータをもとに安全運行教育の充実が図れる!

デジタコ連動オプションの詳細はこちら デジタコ連動オプション

運送引受書の上限下限金額記載に対応 

旅客自動車運送事業運輸規則が一部改正され、平成28年11月1日施行されました。この改正では、「運送引受書のモデル様式」が改正され、運送引受書に運賃・料金の上限・下限額を追加記載することになりました。
バス運行管理システムSPにおいても、運送引受書に貸切バスの料金見積の上限下限金額を記載できるようになりました。

新運賃・料金制度(平成26年4月改正)の運賃計算に対応

新運賃・料金制度(平成26年4月改正)の計算方法ルール

平成26年4月の新運賃・料金制度により、バス会社様の車庫を起点とした距離・所要時間の計算が必要になりました。
バス運行管理システムSPでは、車庫から任意の地点を登録することで、距離、所要時間を自動計算。さらに上限、下限、任意の設定運賃に基づいて自動計算を行います。 加えて、自動計算結果を用いて見積書、運行引受書、運行指示書を一括で作成します。

新運賃・料金制度(平成26年4月改正)の運賃計算に対応イメージ

バス運行管理システムSP 概要

全国の観光施設や宿泊施設、道路地点などのデータベースを搭載!

運行指示書の作成も簡単

コース経路を検索すると、運行指示書へそのままコースが連動します。自動算出された移動時間も連動するので、運行指示書作成の手間を省きます。また、日報や運行実績表、お得意先の請求書も連動して作成できます。

作成したデータを元に貸切バスの予約入力や運行指示書を作成。日報・各種集計表へと連動していきます。

燃費状況の把握(車輌別輸送実績表・乗務員実績一覧表)

車輌・乗務員別の輸送実績で、燃費消費実績も把握が可能となり、車輌の生産性確認が可能になりました。

バス運行管理システムSPと旅行業システムSPの連携で業務効率アップ!

バス運行管理システムSPと旅行業システムSPの連携でパワーアップ

旅行業システムSPから、行程表データを連動することにより、コース作成からバス運行管理まで一連の流れで管理することができます。

「旅行業システムSP」の詳細はこちら

システムタイプ

システムタイプ セレクト スタンダード プロフェッショナル
タイプ2 タイプ3 タイプ2 タイプ3 タイプ2 タイプ3
運行前業務
運行後業務
売上管理 - - -
データ - 地点データ 地点・時刻データ

システム収録内容

運行前業務

  • 運行予約入力
  • 運行指示書
  • バス手配書
  • 運行日程
  • 予約状況管理一覧表
  • 配車予定表
  • 点呼簿

運行後業務

売上管理

  • 売上入力・ツアー別請求書
  • 得意先別月締一括請求書・一括請求入金処理
  • 入金処理・入金一覧
  • 未収金一覧・支払処理
  • 支払一覧・未払一覧

全国施設・地点データ

  • 観光施設
  • 宿泊施設
  • 道路データ
  • 時刻表データ
  • etc.....

旅行業、貸切バス事業の専用システム

資料請求は電話でも受付しております。

フリーダイヤル  0120-47-2610 (営業時間 平日9:00~17:30)

バス運行管理システムSP&オプション一覧