本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

車検・点検支援システム
スーパー検査員タブレット

車検業務のタブレット化で
工場のペーパーレス化を進めるスーパー検査員タブレット

スーパー検査員タブレットは、車検・点検時に工場で行う作業指示や整備記録簿の作成といったペーパー作業をタブレットで行うことで、作業者の業務負担を減らして指定整備工場の生産性向上を支援します。

ペーパー作業による弊害

自動車整備業界でも業務のIT化が急務
中小企業の生産性向上が求められる中、整備業界でも業務のIT化が急務です。
紙へのデータ記録は、記入ミス漏れを生むだけでなく、そのデータをコンピューターに転記するムダな作業も発生します。また、紙の段階で誤っていたデータを、そのまま入力する可能性もあります。ミスや記入漏れは、指定整備工場にとって致命的な結果を招くことになります。監査のときに、記録簿に記載漏れや誤り(道路運送車両法第94条の6第1項違反)が見つかれば、保安基準適合証等の交付停止や自動車検査員の解任命令といった厳しい処分が科せられることもあります。

タブレットで迅速で精緻なデータ化を実現

スーパー検査員タブレットは、持ち運び自由なタブレットです。工場やピットで検査結果を直接入力でき、紙データを事務所に持ち込んで、PCに転記する手間が省けます。
さらに、入力チェック・保安基準適合チェックを現場で行うので、ミスなく、漏れなく、精緻なデータを迅速に作成できます。
スーパー検査員タブレットは、作業者及び検査員の心理的負担を軽減するとともに車検業務の効率化を支援します。

スーパー検査員タブレット導入効果

  • 導入効果
    メカニックの
    事務工数削減
  • 導入効果
    メカニックの
    移動時間削減
  • 導入効果
    記録簿の
    記載ミス削減

入力チェック機能・保安基準チェック機能でミス・漏れの不安解消!

スーパー検査員タブレットには入力チェック機能・保安基準チェック機能があり、入力漏れや数値の入力ミスをなくします。

スーパー検査員タブレットに搭載された入力チェック機能・保安基準チェック機能

利用シーン

スーパー検査員タブレットのご利用は、ブロードリーフの整備システム(自動車整備事業者向けネットワーク型システム「SF.NS」シリーズ、あるいは車検・点検支援システム「スーパー検査員.NS」シリーズ)を導入いただいていることが前提になります。

事務所内で行う入庫受付や見積書・作業指示書・納品書の発行(印刷)などの業務は、弊社の整備システムを使います。受入点検、中間点検、完成検査の各検査結果は、工場やピットでタブレットに直接入力します。入力したデータは事務所内の整備ステムで見ることができるので、そのデータをもとに事務所で追加見積書・作業指示書の発行(印刷)、指定整備記録簿の印刷・保安基準適合書の発行を行います。

車検の業務フローとスーパー検査員タブレットの使用タイミング

各業務フローの入力画面

入庫受付が終了している車体のナンバーを入力し、業務メニューを選んで入力作業を始めます。完成検査までの結果をタブレットに入力するだけ。車検・点検業務がこれまで以上にスムーズ!
※「画像拡大」ボタンをクリックするとタブレットの画面を大きくすることができます。

  • 入庫ナンバー入力から別表呼び出し
  • 矢印
  • メニュー選択

 

同一性確認

同一性確認画面
 

受入点検

受入点検画面
 

中間点検

中間点検画面
 

完成検査

完成検査画面
 

目視検査

目視検査画面

 

 

資料請求は電話でも受付しております。

フリーダイヤル  0120-47-2610 (営業時間 平日9:00~17:30)