本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

環境面での取り組み

持続可能な地球環境を未来の子どもたちに残していく。そのために、社員一人ひとりが社名に込められた想いを強く意識し、環境保全と循環型社会の形成に向けた取り組みを推進します。

業務システムへの次世代車両対応

環境負荷低減に向けて普及促進が続く、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)といった次世代車両のデータベース化を開始しました。当社システムのユーザーである整備事業者は次世代車両の検査業務を効率化できるため、次世代車両の普及促進につながります。EV・PHVおよび電動化技術への対応を積極的に進め、環境にやさしい効率的なエネルギー社会の実現を支援していきます。


環境配慮型車両の積極導入

ブロードリーフの環境配慮型車両企業活動に伴う環境負荷を低減させる取り組みとして、営業活動で使用する社用車を、国土交通省が認定する「低排出ガス認定自動車要綱」に基づく基準達成車に移行しました(357台)。グループ企業の車両においても導入を順次進めており、企業活動におけるCO2排出の抑制に努め、地球温暖化防止に貢献します。


自動車リサイクル部品取引市場の運営

リサイクル部品共有在庫ネットワーク「パーツステーションNET」の運営により、自動車リサイクル法が規定する使用済自動車の適正処理を促進します。自動車リサイクル部品の取引活性化を推進することで、廃棄物の減量、不法投棄の防止、環境の保全につなげます。 また、一般のカーユーザーに対しても、リサイクル部品の認知を高め、より利用していただけるよう、啓蒙活動を行なっています。