本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

ブロードリーフでは、近年のメガトレンドのうちデジタル化、EV/自動運転、MaaS(mobility as a Service)を成長機会と捉え、コアビジネスであるソフトウェア事業の収益拡大とともに、MaaSをはじめとした新規領域での事業創出をすすめてまいります。

成長機会と取組テーマ

成長機会
DX オンライン/リモート/デジタル行政を背景に、企業によるIT投資が増加
EV/自動運転 新しい車検制度や整備技術の進化を背景に、カーメンテナンスでの高度IT化
MaaS 多様なプレイヤーの参入を背景に、サービス提供基盤の需要が増加

2021-23年の取組テーマ

『2つのDX』

 ①当社顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進
 ②データエクスチェンジャー(DX)として、当社サービス基盤を高付加価値化

基本戦略


施策:「クラウド」で構築し、様々な「DX」対応機能やサービスを順次装備
期待効果:顧客数増加、ARPU上昇、導入効率向上、運営効率改善



施策:「受発注」のカバー領域を、自動車補修部品以外にも順次拡張予定
期待効果:利用者数増加、利用率上昇


施策:「MaaS」向けメニュー群を提供開始、順次拡張予定
期待効果:MaaS市場が新たな事業フィールドに

重点施策と社会効果

□重点戦略 □社会効果
施策1 クラウド版新モデルの市場投入 EV/PHV対応により環境配慮車両の普及を後押し
施策2 DXソリューションの強化 新しいワークスタイルの浸透を促し       
労働生産性向上を支援
施策3 EDI拡張と
受発注プラットフォームのオープン化
リサイクル品の円滑な取引の仕組みを構築し
天然資源の効率的な利用を支援
施策4 MaaSプラッフォームの展開 生活利便性の向上や移動格差の解消のほか
環境負荷低減を後押し

詳細につきましては、中期経営方針(2021-2023)をご覧ください。 
※2020年12月期 決算説明資料より抜粋(2021年2月12日公表)

関連情報

 

関連情報