本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

車検・点検支援システム スーパー検査員.NS3

スーパー検査員は車検・点検業務に特化したシステムです!

検査員のミスや記入漏れの不安・・・
業務効率が悪く作業の遅れや残業が多いことへの不満・・・

スーパー検査員.NSは、ミスなく、漏れなく、記録簿の作成ができる指定整備工場様の車検に特化したネットワーク型のシステムです。記録簿に記入するような感覚で点検項目の入力ができ、作業指示書・指定整備記録簿を自動作成できます。入力チェック機能・保安基準チェック機能で「記載モレやミス」を解消し、二重・三重チェックの手間や精神的負担を大幅に軽減します。監査に対しても自信をもって対応できます。

工程管理機能で車検・点検作業の見える化

同時進行で複数台を作業する場合、検査漏れや作業漏れなどが起こる可能性があります。
スーパー検査員の工程管理機能では、予約から出庫までの作業工程が確認でき、入庫した車が「受付→受入点検→実作業→中間点検→完成検査→申請書類」という作業工程のどの段階にあるのか、すぐに把握できます。作業工程の項目は、各工場の都合に合わせて追加や削除ができ、順番も並び替えることができます。また、定期点検や一般整備の工程も管理できます。

工程管理機能によって、作業の進捗状況が確認できようになると、全体図が頭に入ります。全体が見えると、「いま何をすべきか」「次に何をすべきか」が分かり、作業者の意識も変わります。意識が変わることで、業務の効率化がさらに進みます。

スーパー検査員 工程管理画面

工程管理機能

頻繁な法改正、技術進化、監査に対する不安を解消

車の技術進化はめざしく、保安基準値をはじめ自動車整備に関する法改正が頻繁に行われています。そのため、検査員の責任と負担は、ますます大きくなっています。もし、監査の際に、保安基準違反や記入漏れが見つかれば、減点されたり、最悪の場合、保安適合基準証の交付停止や検査員の解任といった事態にもなりかねません。

指定整備工場の立ち入り検査(監査)によるネガティブ情報

ミスや漏れを防ぐために、多くの指定工場では記録簿の二重、三重チェックを行っています。これは検査員やメカニック、スタッフにとって大きな負担です。 スーパー検査員は、確認作業の手間や監査に対するプレッシャーを軽減し、事業場全体のコンプライアンス意識の向上を支援します。

入力チェック機能

  • 点検結果の入力漏れ、入力矛盾をチェック

    スーパー検査員では、中間点検で受入点検後の作業指示が正確に遂行されたかチェックできます。受入点検と中間点検を比べ、漏れや矛盾があれば赤文字でメッセージを表示。また、保安基準値に適合しない数値が入力されたり、漏れがあると同様に赤文字で警告メッセージを表示します。警告メッセージは改善されるまで表示されます。
    中間検査・入力チェック機能
    [中間点検] 受入点検と中間点検の結果が異なると赤文字で表示
  •  
  • 完成検査のミス・漏れ・矛盾・不適合を防止

    スーパー検査員では、正確な記録簿を作成するためのチェック体制を強化しています。完成検査時の検査結果入力ミスや計算ミス、漏れなどの人為的ミスを無くし、保安基準に適合した正確な記録簿の作成ができます。
    完成検査における漏れ・矛盾・ミスをチェック
    [完成検査] 未入力は黒文字、保安基準不適合は赤文字、社内規定不適合は緑文字で警告表示。エラーがあると記録簿の出力ができない。

外車の特例情報や新車の特殊装置基準に対応

  • 外車特例基準に対応

    スーパー検査員では、横滑り量など、外車特例基準にも対応しているので、基準値を調べる手間が省け、安心して外車の受け入れができます。
    外車特例基準
  •  
  • 新車の特殊装置基準に対応

    近年、普及しているハイブリッド車や天然ガス車、EV車等は、法定点検項目に設定されていない特殊装置が多く用いられています。点検時には、他の一般的な装置と同様にしっかりした点検・整備が必要です。スーパー検査員は、こうした新車の特殊装置点検にも対応しているので、検査員の業務負担は大幅に軽減されます。
    新車の特殊装置点検

 

車検時間を短縮し、業務効率化を進める!

スーパー検査員を導入すれば、入力作業や確認作業が減り、1台に要する車検業務を20分短縮できます(※弊社シミュレーション)。1日10台入庫がある場合、3時間20分の時間短縮が可能です。

車検業務短縮

 

各工程の機能紹介

受付入力

1.車検の受付

入庫受付を行う車両を「簡単操作で呼出し」でき、受付確認時点で、該当車両の情報確認が行えます。

2.排ガスチェック機能

該当車両の受付けと同時に、「NOx・PM法」の規制対象か否かの確認を、情報表示いたします。

受入点検(分解点検)

3.点検・検査結果入力

記録簿上段の点検項目を「手書き感覚」で簡単に、コンピュータへ入力ができます。また、タブレットPCでの運用により、お客様立会いの下、お客様と現車を確認しながら、受け入れ点検が行えます。

作業指示書

4.点検データ取込機能

受入点検でチェックした内容を元に作業と部品を自動展開し、伝票の作成時間を大幅に短縮できます。もちろん、作業指数や部品価格の搭載で「正確な見積書」を、お客様へお渡しできます。

5.指示書を自動発行

「精度の高い作業指示書」も自動発行。 これで、工場の稼働率向上が期待できます。

スーパー検査員.NSの流れ

中間点検

6.入力矛盾チェック機能

受入点検時の作業指示と中間点検時の点検結果の内容を自動で確認。記載漏れや記載ミス等の間違いも、コンピュータが自動で判断いたします。

完成検査

7.保安基準チェック機能

検査機器の数値をそのままコンピュータに入力。複雑な数式の計算はもちろん、国が定めている「保安基準適合値」をデータとして搭載。入力した数値が、保安基準値に達していなければ、コンピュータがワーニングメッセージ(エラー表示)を表示して、操作中の検査員にお知らせいたします。

8.指定整備記録簿の作成

「作業の流れ」を指示と結果が分かりやすいように色分けした記号で記載(表記)。
お客様はもちろん、貴社工場においても、記録簿を確認すれば、一連の作業と結果も一目瞭然。

A3白紙への印刷対応

指定整備記録簿

A3のコピー用紙に指定整備記録簿の内容をカラーで印刷します。罫線から、定期点検基準、検査数値まで全てシステムから印刷を行います。

多彩な帳票にも対応!

各種帳票

各種帳票
  • 申請書類一式(車検範囲)
  • 継続検査申請書
  • 自動車重量税納付書
  • 自賠責保険証明書

自動車保有関係手続きのワンストップサービス(OSS)対応

保安基準適合証の電子申請

  • 陸運事務所での手続きに要する時間が短縮。人件費の削減等につながる。
  • 電子申請によって必要な届出内容が事前に確認でき、陸運事務所に何度も足を運ばなくて済む。

OSS電子申請

  • OCR専用3号や重量税納付等の電子申請に対応。現金を持って陸運事務所に行かなくて済む。
OSSについては下記のOSS連携をご覧ください。
OSS連携(自動車保有関係手続きのワンストップサービス)
電子保安基準適合証

車検ライン連動オプション

スーパー検査員では、車検ラインの主要メーカーと提携し、検査値をオンラインで取り込めるオプション機能を搭載しています。この機能によって検査値の入力ミスを無くし、検査員のチェック負担を大幅軽減できます!

ライン連動オプション

業務効率化を加速するスーパー検査員タブレット

スーパー検査員タブレットイメージピットで検査結果を直接入力できるスーパー検査員タブレット。事務工数や工場と事務所の移動時間などを削減し、業務の効率化がさらに進みます。詳しくはスーパー検査員タブレットでご確認ください。

動作環境

.NSシリーズの推奨動作環境

OS Windows 8.1 Pro / 10 Pro(32bit / 64bit)
※上記のOS以外には対応していません。
※他のエディションから「Pro/Professional」へアップグレードされたOSには対応しておりません。
CPU インテル® Core™i5-7500(対応)
メモリ 4GB以上のRAM(推奨)
HDDなど 40GB以上の空き容量(Cドライブ)(推奨)
USB2.0(USBプロテクタ用に動作時常時必要)
必要なソフトウェア .NET Framework 2.0(システムインストール時に自動インストールされます)
通信回線 光回線(推奨)

※ Microsoft、Windows、Windows Vistaは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※ インテル、インテル Coreは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
※ その他記載された会社名、商品名等は、各社の登録商標もしくは商標、または弊社の商標です。

資料請求は電話でも受付しております。

フリーダイヤル  0120-47-2610 (営業時間 平日9:00~17:30)