本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

自動車部品流通支援ネットワークシステム PM.NS

最新のネットワーク技術を駆使し、連携機能が充実
仕入先と「つながる」、お得意様と「つながる」システムが実現!

部品商様より長年にわたり、ご支持を頂いているパーツマンシリーズに、最新技術を利用して、ネットワーク機能を強化した、PM.NS(ピーエムドットエヌエス)が登場しました。

毎月DVDでお届けしていたデータベースが、ネットワークを通して配信されます。常に最新・高精度のデータベースと最新のプログラムを提供し、お客様の業務を強力に支援します。
さらに、PM.NSは、各企業間、異業種間の情報ネットワークを垣根なく構築していくことができる、高い連携性を持ったシステムへと発展していきます。

パーツマンから始まるサプライチェーンマネジメント

パーツマンから始まるサプライチェーンマネジメント

PM.NSの特長

豊富なデータベース

質・量ともに高いレベルの自動車データベースをNETでスピーディにご提供します。

豊富なデータベース
  • 部品検索データ 3億6,773万件
  • 類別区分情報 31万件以上
  • 型式情報 28万件以上
  • 純正部品品番情報 599万件以上
  • 優良部品情報 29万件以上

※ 2016年6月時点の数値です

売上伝票の入力と同時に、仕入データの作成が可能

売上伝票の入力と同時に仕入データが作成でき、店頭(現金)売上の場合、入金データは自動作成されるので、入力作業が軽減できます。
また、店頭(現金)売上で処理をしたが、実際の入金は後日となる場合、未入金一覧から入金になったものをチェックするだけで、入金処理が行えます(入金消込機能)。

売上伝票の入力と同時に、仕入データの作成が可能

電子元帳で過去の取引履歴の明細が閲覧可能(売上・仕入)

電子元帳画面では請求履歴照会や各実績照会など、様々な照会画面を呼び出せます。
また電子元帳は閲覧するだけではなく、伝票の再発行や赤伝処理、表示させた明細の集計処理などができます。また、表計算ソフトなどを利用した集計もできるように、データに出力するオプション機能もあります。

電子元帳で過去の取引履歴の明細が閲覧可能

動作環境

.NSシリーズの推奨動作環境

OS Windows7  Professional/ 8.1 Pro / 10 Pro(32bit / 64bit)
※上記のOS以外には対応していません。
※他のエディションから「Pro/Professional」へアップグレードされたOSには対応しておりません。
CPU インテル® Core™i5-650(対応)
メモリ 2GB以上のRAM(推奨)
HDDなど 40GB以上の空き容量(Cドライブ)(推奨)
USB2.0(USBプロテクタ用に動作時常時必要)
必要なソフトウェア .NET Framework 2.0(システムインストール時に自動インストールされます)
通信回線 光回線(推奨)

※ Microsoft、Windows、Windows Vistaは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※インテル、インテル Coreは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
※ その他記載された会社名、商品名等は、各社の登録商標もしくは商標、または弊社の商標です。

資料請求は電話でも受付しております。

フリーダイヤル  0120-47-2610 (営業時間 平日9:00~17:30)

.NSシリーズ関連オプション