本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

データを起点としたサービス展開を進め、事業領域を拡大

事業を通じて築いてきた自動車関連ビッグデータ(車両、部品、点検・整備・修理履歴、ドライブ情報、取引情報など)を活用した、自動車部品サプライチェーン・プラットフォームの構築、テレマティクスサービスやデータ分析・配信サービスの提供など、自動車アフターマーケットに軸足を置いた新ビジネスの展開により、事業領域の拡大を目指しています。

基本方針

当社は、「感謝と喜び」という企業理念のもと、人や企業が深く結びつくために欠かせない"心"を大切に、お客様を支援することで、産業界の発展に寄与し、広く社会に貢献していきたいと考えています。
2014年からは、「豊かなカーライフを支援する総合サービス業への進化」を中期的な経営方針として掲げ、自動車アフターマーケット業界のお客様と共に、カーオーナーにとって魅力的なサービスを提案・提供することを通じ、持続的な成長の実現を目指しています。

目標とする経営指標

当社は、株主資本の有効活用による企業価値向上を目指しており、経営指標としてROE(自己資本当期純利益率)を重視しております。中期経営計画の重点戦略の推進により、更なるROEの向上を目指してまいります。

中長期的な経営戦略

お客様が属する自動車アフターマーケット業界は、カーライフの多様化、自動車技術の進化など、取り巻く環境が大きく変化しています。 私たちは、お客様がこれらの変化に迅速かつ柔軟に対応できるよう、お客様と共にカーオーナーにとって魅力のあるサービスを創造し、提案・提供することを推進してまいります。具体的には、以下の重点戦略を掲げ、実践しています。

■ソフトウェアビジネスの強化
お客様に提供する業種特化型アプリケーションの可用性と拡張性を高め、お客様にとって魅力的かつ高付加価値な商品(ITソリューション)へと進化させることで、顧客基盤の拡大を図ります。

■自動車部品流通サービスの展開
自動車アフターマーケット業界における顧客基盤と、私たちが築いてきたデータ管理・分析ノウハウを活用することで、自動車補修部品の受発注基盤と物流基盤を合わせた総合サービスを、自動車アフターマーケット事業者に向けて提供します。

■情報課金ビジネスの創出
自動車関連のビッグデータを活用したカーオーナー向けサービスの研究・開発など、新たなサービスの立ち上げに向けた準備を進めています。

■アジア展開の本格化
日本で培ったノウハウを活かし、中国やフィリピンで現地パートナーとの関係強化を行い、自動車部品の流通に関わるサービス事業を展開しています。他の東南アジア諸国においても、部品流通プラットフォームの構築を目指します。

目指す姿

私たちのコアコンピタンスである自動車関連ビッグデータを起点として新たなサービスの開発を進めるとともに、データベースの付加価値向上への取り組みや、新たなサービスの展開に向けた他企業とのアライアンスを、今後さらに強化していきます。
これらの取り組みを通じ、私たちがお客様に提供するサービス範囲を広げるとともに、自動車アフターマーケット事業者のみならず、対象市場および顧客基盤の拡大を進め、事業領域の拡大を図ってまいります。