本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

OSS連携(自動車保有関係手続きのワンストップサービス)

自動車保有関係手続きにおける電子化の流れ

これまで国の自動車保有関係手続きの電子化を進めるOSS(ワンストップサービス)の対象範囲は新車新規登録に限られていましたが、平成29年4月1日より、継続検査や移転、変更手続など対象が拡大します。ブロードリーフでも、申請書類の電子化の流れに対応すべく、自動車整備システムで電子申請を実現し、指定整備工場の電子化を促進します。

OSSとは?

自動車を保有するためには多くの手続(検査登録、保管場所証明申請等)と税・手数料の納付(検査登録手数料、保管場所証明申請手数料、保管場所標章交付手数料、自動車税、自動車取得税、自動車重量税等)が必要です。これらの手続と税・手数料の納付をインターネット上で、一括で行うことを可能にしたのが、「自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)」です。OSSを利用することで、紙で行われている申請等の諸手続をインターネット上で一括で行うことができるようになります。

.NSシリーズでOSSに対応

現在、紙媒体を使って陸運事務所等に提出している「保安基準適合証」「継続検査申請書」のうち、まず「保安基準適合証」について、2017年4月1日より.NSシリーズで連携が可能になります。

保安基準適合証書システムを利用する際には、3つの異なるサービス形態があります。ブロードリーフではクラウド型のファイル転送形式によるサービス利用を採用しています(※下記フローイメージの中の(3)に該当)。保安基準適合証書システムは稼働時間が日曜日から土曜日の08:00~20:00に限定されていますが、弊社の整備システムではOSSのシステム稼動時間外でもファイル転送が可能です。

 


.NSシリーズでのOSS連携イメージ

.NSシリーズにおける保安基準適合証の電子申請は下記の流れで行われます。

OSS連携イメージ

SF.NSの保安基準適合証の電子申請

SF.NSではこれまでと同じID、パスワードでシステムにログインし、入力作業を行えます。下記のSF.NSの画面で「交付」ボタンを押し、検査員、交付者の承認後、送信ボタンを押して保適システムに電子申請できます。

OSSのメリット

  • 陸運事務所での手続きに要する時間が短縮。人件費の削減等につながる。
  • 電子申請によって必要な届出内容が事前に確認でき、陸運事務所に何度も足を運ばなくて済む。
  • OSSにより、重量税納付やOCRなどオンラインで電子申請できるので、現金を持って陸運事務所に行かなくて済む。

 

※現在は保安基準適合証の電子申請について機能実装いたしております。
※OCR専用3号や重量税納付等の電子申請についても随時対応を予定しています。

 

お問合せは電話でも受付しております。

フリーダイヤル  0120-47-2610 (営業時間 平日9:00~17:30)