本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

倫理・コンプライアンスガイドブックの制定について

事業活動を行い利益を享受するうえで、コンプライアンス、すなわち法令と倫理の遵守こそがすべての前提となるという認識を社員ひとりひとりが認識し、「倫理・コンプライアンスガイドブック」を定め、企業として遵守すべきルールを策定し、日々の業務を行ううえでの指針として役立てています。

内部通報制度

コンプライアンス違反の早期解決と未然防止のため、「内部通報制度」を設け、コンプライアンス通報窓口や提携する弁護士に直接連絡できる制度を設定しています。通報者とその他関係者のプライバシーや情報内容の秘密は厳守され、通報によって不利益な取り扱いを受けないことが保障されています。受け付けた内容は適切に処理され、通報者にもフィードバックされます。

コンプライアンス教育の実施について

従業員のコンプライアンスに対する意識を高めるため、新入社員研修や定期的に開催する「eラーニング教育」などでコンプライアンス教育を積極的に実施しています。
2015年度については、コンプライアンスの遵守、インサイダー取引防止、知的財産の管理・保護といった重要なテーマについて研修会を実施するなどしてコンプライアンスの遵守に向けた活動を推進し、海外を含めたグループ全従業員の意識の向上を図っていきます。

インサイダー取引防止について

株主・投資家保護や証券市場の信頼性確保のため、未公表の情報を利用した株式などの売買を行わないこと、また、その情報を他の者に提供しないことを「企業行動規範」に明記し、インサイダー取引の防止に努めています。

また、「インサイダー取引防止規程」を定め、金融商品取引法改正に伴うインサイダー取引規制強化等に的確に対応するため、コンプライアンス教育(eラーニング)のテーマに取り上げて具体事例を説明し、国内グループの全従業者に徹底を図っております。