本文へスキップします。

English

お問い合わせ

ENGLISH

サイト内検索 検索

ブロードリーフは事業活動を通じた社会課題の解決のほか、一企業市民として、社会と共生し、社会と協働する重要性を認識し、持続可能な社会の発展に貢献するさまざまな活動に取り組んでいます。

キッズ向けミュージカル「マリアと緑のプリンセス」協賛

次世代を担う子供たちに向けて、2008年から7年にわたり「葉っぱのフレディ-いのちの旅-」に協賛し、その文化貢献活動を通じて、生きることの喜びと感謝、循環型社会の素晴らしさを伝えてきました。 2015年からは、「思わず家族をそっと抱きしめたくなるもう一つの“いのち”の物語」をテーマにした「マリアと緑のプリンセス」への協賛をスタートしています。

キッズ向けミュージカル「マリアと緑のプリンセス」協賛の画像

  協賛 協賛公演回数
2016年
「マリアと緑のプリンセス」 9公演(東京・大阪)
2015年
「マリアと緑のプリンセス」 8公演(東京・大阪)
2014年
「葉っぱのフレディ-いのちの旅-」 7公演(東京・大阪)
2013年
「葉っぱのフレディ-いのちの旅-」 11公演(仙台・東京・大阪・広島・福岡)
2012年
「葉っぱのフレディ-いのちの旅-」 7公演(東京・大阪)
2011年
「葉っぱのフレディ-いのちの旅-」 7公演(東京・大阪)
2010年
「葉っぱのフレディ-いのちの旅-」 6公演(東京・大阪)
2009年
「葉っぱのフレディ-いのちの旅-」 15公演(東京・京都・大阪・熊本・大分・鹿児島・宮崎)
2008年
「葉っぱのフレディ-いのちの旅-」 11公演(北海道・東京・大阪)

くるまマイスター検定協賛

くるまマイスター検定協賛ロゴ

経済産業省が後援する「くるまマイスター検定」(主催:一般社団法人 日本マイスター検定協会)において、当社は2016年度第4回開催より協賛を開始いたします。本検定は、「くるま」のある生活、「くるま」文化の醸成に貢献することを目的に、お子様からご年配の方まで、自動車に関する幅広い知識を楽しく学べる知識検定試験として、親しまれています。

「夏休み 宿題・自由研究大作戦」への出展とキッズプログラミング教室開催

企業・団体などが、小学生を対象としたモノづくり体験やお仕事体験などの学習体験イベント「夏休み 宿題・自由研究大作戦」(主催: JMA一般社団法人能率協会)に出展し、キッズプログラミング教室を開催しました(2016年7月21日~23日)。プログラミングを通じて子どもたちにコンピュータの楽しさやその可能性を広く伝え、IT業界を支えるエンジニアの育成支援につなげる活動として取り組んでいます。

夏休み自由研究大作戦ロゴ、会場風景

「全国高等専門学校 プログラミングコンテスト」特別協賛

全国の高等専門学校で学ぶ学生を対象とし、 1990年より開始された「全国高等専門学校プログラミングコンテスト」に特別協賛しています。このコンテストは未来のプログラミング技術を支える若者の創造性を育成する教育プロジェクトとして産業界から期待が寄せられています。

事業構想大学院大学による事業承継プロジェクト協力

同大学において当社代表取締役社長 大山堅司が客員教授として「中堅・中小企業事業承継者養成プログラム」を担当しています。このプログラムでは、事業承継のために必要な事業構想やマーケティング、マネジメントなど多岐にわたるテーマで課題解決を示唆し、自動車アフターマーケット業界の活性化と次世代を担う人材育成に寄与することを目指します。

植林活動

地球環境への貢献をテーマに、認定NPO法人環境リレーションズ研究所が推進する「Present Tree (R)」プロジェクトに参加し、CO2(二酸化炭素)削減を促す植林活動という実活動を通じて環境への貢献を行っています。

植林活動の画像

画像
ブロードリーフ社員の参加による植樹の様子(宮城県大崎市)